投げたかったモンスターボール

とくに批評とか、未来を予想するとかでなく、単純な感想文的なやつになります。

・まえがき

先日いよいよ「PokemonGo」がリリースされました。
ゲーム「ポケットモンスター」はszkを構成する最も割合の多い要素といっても過言でないコンテンツでした。
10年前、2006年にインターネットでポケモンFR,LGを実況配信したのがszkのインターネットマン人生の始まり。
それからボカロPV作ったり、ゲーム実況したり、車載配信したりVJしたりして今に至るわけです。

・20年前の思い出

さて、話を戻してポケモンGoのリリース後、世界が変わったように見えました。
しかし、それは「新しい世界」ではなく「なつかしい世界」だったように思えます。
小学校のころ、友達と話したポケモンの話。
あのポケモンがどこにいた、とかジムバッチをいくつゲットしたか、とか。。。
あのころ、私の世界はポケモンを中心に回っていて、ある意味私はポケモン世界の住民でした。
学校の休み時間にポケモンの話をして、放課後は通信ケーブルを持って友達の家に集合して、友達とポケモンを交換したり、育てたり、友達のLv100のミュウツーを倒すのに悪戦苦闘したり。。。
あのころの私は「小学校」というクラスタの中のポケモントレーナーで、ポケモン図鑑の完成を目指す毎日を過ごしていました。
私の知っている世界はポケモンの話で満ち溢れ、友達はみなポケモンの話をして、私もその中の一人。
そして、あのころの私はまさか20年たっても自分がスーツ姿で同じことをしているとは夢にも思いませんでした。

・大人のポケットモンスターとPokemonGo

あのころのszkから約20年。
大好きなゲーム「ポケットモンスター」の熱はどこか冷めつつありました。
ポケモンというコンテンツは変わらず大好きで、ポケモン不思議のダンジョンやポッ拳や外電ゲームは合いも変わらずプレイしていたのですが、BWのあたりから調整や結果の収束してきたポケモンバトルに私は飽きていたのでした。
いつしかポケモン実況の回数も減り、私はボカロPVを作ったり、車載配信をしたり、VJをする方がインターネットの活動として多くなりました。
もちろん、”ポケモン”というジャンルの話題はこと欠かさなかったのですが、その中身は「メガガルーラが~」とか「今度のポケモンの舞台は○○だから増田はそこに旅行にいってるな」とか斜に構えた内容ばかりだったように思います。
ポケモン世界の住民は、己の成長とともに、いなければいけない世界に戻りつつありました。

そんな中、ポケモンGoのリリース発表。例のプロモーションビデオを見たとき私の中で何か期待感が生まれていました。
そのときは具体的にこの感情がなんなのかわかりませんでしたし、フィールドテストのときもピンときませんでした。

・ポケモン世界との融合

しかし、23日のリリース日。ポケモンGoがインストール可能になった瞬間。私の見ていた世界は様変わりしてしまっていました。
道行く人がみんなポケモントレーナーになっていたのです。
東洋大学の前では学生がジムを攻め落とすべく攻防戦を繰り広げ。
家の前のポケストップはルアーがおかれ、ポケモンを求めて小さな路地は人で埋まっていました。
上野公園はブーバーをゲットするために人が深夜に数百人集まり、みながポケモンの話をし、その脇をタマゴを孵化するためにじてんしゃ(あえてひらがな)に載った人が不忍池の周りをぐるぐると回り続ける。。。

その世界は見慣れた光景でした。今まで自分が20年間見てきた世界。
サファリパークで、コガネシティで、ズイタウンで、ミアレシティで、私の住んでいた世界、ゲームボーイの中に広がっていた世界が、現実世界に広がっていました。
ミニスカートの「ピカチュウって かわいいよねー!」というセリフを現実の女子高生が目の前でしゃべり、秋葉では「かがくのちから って スゲー!」とリアルで話している。
なんだかすごいことになっちゃったぞ。。。
私は思いました。これは、ゲーム世界との融合だと。

・「ポケモンが迎えに来た」

すると、面白いことが起こります、方やゲームの中で聞いていたセリフを話す人がいる一方で、20年前に私の周りでみんなが話していたポケモンの話をする人もいるんです。
小学校にくらべてもっと大きいクラスタなはずなのにみんな20年前と同じ話をしているのです。
「ピカチュウはどこにいる」とか「あそこのジムは手ごわくなってる」とか、私の隣にいる知らない人もポケモントレーナーで、20年前に聞き覚えのある話をしているのです。
なんだかものすごく懐かしい気持ちになりました。
ポケモンいえるかなやめざせポケモンマスターをみんながみんな歌えたあの時代の再現を感じました。
私はPokemonGoというアプリケーションが生み出した、多重化したポケモン世界にあの日確かにたっていました。
私が帰っていった現実の世界に「ポケモン」があの日あの時、私が住んでいた世界を引っさげてやってきたのでした。

・そろそろオチ

ながながと書いてしまいましたがそろそろオチを、、、
世間ではさっそく「なぜポケモンGoは流行ったのか」とか「いつまでこれが続くのか」とか、いろいろ議論がなされていますが、私はこれらの意見とは関係なく自分が思ったことがあります。
20年前も、17年前も、14年前も、10年前も、6年前も、2年前も。
私はゲームボーイ(DS)の画面の中で「どうぐ」を選んで「モンスターボール」を選び、Aボタン(実はLボタン派ですけども)を押して使っていました。

しかし、私はやっぱりモンスターボールを投げたかったんだと思います。
自分の手で、目の前に現れたポケモンに向かって。
そしてPokemonGOはそんな夢に私を少し近づけてくれたと思いました。

ポケットモンスター、ちぢめてポケモン。
20年前、私の胸を貫いたそれは20年後の今日という日に私の胸を再び貫いていきました。
動物図鑑には載っていない彼らの収集は、しばらく続きそうです。

以上、そつない文章を読んでいただきありがとうございました。

V4EXのINPUT1~3chにV1HDのOUTを繋げた時に映像が映らない件

既知の事実だと思うし調べてみたら案外つまらなかった事ですが、一応メモとして。

まず、V1HDのOUTPUTの先をV4EXのINPUT1~3へさすと画面が映りません。
詳細に言うとノイズのみとなって正しい画面が映らないという状況です。
ただし、V4EXのINPUT4へさした場合、映像はちゃんと映ります。

SabaleoNでも7月10日のRe:animation9の設営時に当初使う予定だったV4が(配線都合上)使えず、
「V4←V4EX」の予定だった配線を予備のミキサーとして持ち込んでいたV1HDにて対応。
「V4EX←V1HD」へ変更しました。当初予定していたケーブルが使えなくなってしまったので自分はケーブルの追加購入をしにヨドバシカメラへ、するとEYOから「V4EXが壊れている」という連絡が。

その時は1~3chの基盤が壊れていると連絡を受けたのですが、V4EXは修理上がってきたばかり、さすがにそれはないだろうと思い本番終了後に検証したところ再現。
しかし1~3chは故障していませんでした。

では、なぜV1HDからの映像を受け取れなかったのか。
調べるとすぐにその答えは出てきました。
V4EXの1~3ch基盤にはスケーラーが搭載されていません
スケーラーは映像装置において解像度を自らが処理できるサイズへリサイズする装置です。
RolandのV4EX公式ページを参照すると、CableDiagにおいて1~3chの基盤にはスケーラーが付いていないことが分かります。

PCを刺した場合は、PC側でV4EXの解像度(480p)を自動認識し、それを出力します。
しかし、V1HDの場合は、720p、1080i/pの固定出力なので、V4EXはその解像度を処理できず、ノイズとして出力されます。
それに対し、V4EXの4chはスケーラーが搭載されているため、高解像度の映像が入力されてもV4EX側でリサイズ対応してくれます。
それにより映像が出力されるわけです。

なので、もしV1HDをV4EXに入力させる場合は4chを使用してください。
あるいは間に480pへのダウンコンバーターを中継してください。

という当たり前な情報共有でした。

 

◆追記とお礼
Re:animation9の月光フロアにおいては、プロジェクターへの最終出力調整不足やVGA/RCAの不確定、さらには最終出力予定だったV4とプレビューモニターが動かないといったトラブルに見合われました。
(本番は魔物が潜んでますね・・・

SabaleoNでは間違えて予備として持ってきたV1HDがあったことで功をなすことができましたが、肝心の使い方を熟知してないと余計に現場をパニックにしてしまったという備忘録です。
7月10日は最終的に感謝されたものの、下手をするとこちらの不手際でVが出ない可能性もありました。
Blaze側で統率頂いたFish&ChipsのStradaさん、Blazeさんチーム、BlazeのPA様には文面上ではございますが、ご協力への感謝を述べさせていただきます。

今後も機材を購入するだけではなく、使用する、運用することを考えてVJを続けていこうと思います。

改めまして今後ともSabaleoN、szkをよろしくお願いします。

Resolume Effects Goo

たまにはブログも更新しないといけないと思ったので今日はResolumeのエフェクトを一つ紹介。
よく自分が使うEffectに「Goo」があります。

 

このGoo、普通に使うとこのように絵にゆがみが入るだけのエフェクトです。
(これでも使えなくはないですが)
このエフェクトを今回はノイズエフェクトとして使用します。

設定項目は下記のとおり
・Speed(スピード)
ゆがみの反映が入るスピード
・MaxDistoributeX
ゆがみの最大値(横)
・MaxDistoributeY
ゆがみの最大値(縦)

これらの設定値ですが、Resolumeは設定値に対して引数を与えることができます。
(Resolume使用者にとっては基本だと思います)
よく使うのは「Audio」「タイムライン」「BPM」などでしょう。
今回はタイムラインを使います。

Goo

タイムラインは0~100%をループ再生し続けます。
タイムラインにアサインされた設定値は0~100の数値を繰り返す設定になります。
再生方法が3つあり「再生、逆再生、ランダム」から選ぶことができます。
・再生=0~100でループ
・逆再生=100~0でループ
・ランダム=値は1フレームごとに常に0~100のいずれかの値をとる

ここでランダムを選ぶと(上の絵と同じ設定です。
Gooの動きは下の動画のような動きになります。

急にノイズっぽくなりました。

ダブステップやノイズの多い高いBPM帯の曲で音に合わせるとそれっぽくなります。