Resolume6 エフェクトメモ「Blur」

概要

Blurはかすんで~という意味の言葉です。
AEなどでもおなじみよく似言う「ブラー」の効果を示すエフェクトとなります。
昨日の紹介は「ブロー」でしたが今日は「ブラー」です。

ダッシュボードの画面

Blur X:

基準は0.05です。最低0、最高は1.00です。
0方向に数値を変更するとブラー(水平)を弱めます。
1方向に数値を変更するとブラー(水平)を強めます。
それぞれぼやけたような画面の効果を得られます。

Blur Y:

基準は0.05です。最低0、最高は1.00です。
0方向に数値を変更するとブラー(垂直)を弱めます。
1方向に数値を変更するとブラー(垂直)を強めます。
それぞれぼやけたような画面の効果を得られます。
Width:エフェクトがかかる領域の幅を増やします。
Hight:エフェクトがかかる領域の高さを増やします。

Quality:

基準は0.15です。この数値を強くするとブラーが強くなりますが、弱いとブラーの品質が荒くなります。(強いと像の重なりが強くなります。)

Gaussian:

基準は0.20です。この数値を強くするとブラーの効果が強くなります。

実際に使った画面

※下のプレビューが元の素材です。
※この場合はブラー垂直のみをかけています。像が縦方向にぼやけて見えるのがわかります。

使用例

 

全体的に弱めのブラーをかけて文字を入れるとおしゃれな絵が作りやすそうですね。
イベントのロゴの表示を行う際に使ってみるとよさそうです。

Resolume6 エフェクトメモ「Blow」

概要

Blowとは風が吹く様子を示す言葉です。
このエフェクトを適用すると画面に対して風が吹いたようなエフェクトを得ることができます。

ダッシュボードの画面

X:基準は0.50です。最低0、最高は1.00です。
0方向に数値を変更すると画面の中心から左側に対して
1方向に数値を変更すると画面の中心から右側に対して
それぞれ風が吹くようなエフェクトが得られます。
Y:基準は0.50です。最低0、最高は1.00です。
0方向に数値を変更すると画面の中心から下側に対して
1方向に数値を変更すると画面の中心から上側に対して
それぞれ風が吹くようなエフェクトが得られます。
Width:エフェクトがかかる領域の幅を増やします。
Hight:エフェクトがかかる領域の高さを増やします。

実際に使った画面

※下のプレビューが元の素材です。
※この場合はXは0、Yは1です。

また、Xを0.5(Default)、Yを1にすると上のような図になります。

XとYを双方TimelineのRandamにした図です。
ノイズ的な使い方ができそうですね。

Resolume6 エフェクトメモ「BandScope」

概要

バンドスコープは無線機において空いている周波数へスコープする機能です。
なぜResolumeがこの名前をつけたかは不明です。。。

この機能を使うと映像の上下を対抗にしたスコープエフェクトが得られます。

ダッシュボードの画面

Opacity:不透明度です。ON/OFFの切り替えに便利です。

Divisions:分割の意味です。スコープを元画像から何分割するか選択します。

実際に使った画面

※下のプレビューが元の素材です。
※この場合はDivisionsの値は0です。

0.20で代替10分割くらいですかね。(0だと4分割?)
いつか紹介するであろうカレイドスコープとよく似たエフェクトです。
像を崩したり素材の転換には使えそうですね。

Resolume6 エフェクトメモ「Add Subtract」

概要

Add(追加)  Subtract(減算)を意味するエフェクトです。
対象に対してRGBの値をそれぞれ追加、減算することが可能です。

ダッシュボードの画面

実際に使った画面

※下のプレビューが元の素材です。

※この場合は赤のレベルを30.36%追加しています。

LEDやディスプレイでRGBレベルに差異がある場合にPC側で調整するときとかに使えそうですかね・・・?
赤が弱いプロジェクターとか多いですが、R上げても物理的な上限の突破はできないので・・・

Resolume Arena Avenew6のベータ版が公開されてたので気になった機能を超ざっくり紹介してみる

ResolumeからVJソフト「Arena」と「Avenew」にて新しいVersionが公開されてます。
公式サイトはこちら
今回は素晴らしいアップデート内容になってます。まずは概要から

いまさら64bitに対応!
→メモリ使用の壁と使用コアに制限がなくなり、パフォーマンスがかなり良くなりました。
→これにより同じスペックのPCでも多くのレイヤーや、高い解像度での動画再生が可能になってます。
→ちなみにszkのVaioZCanvasにおいては今まで8レイヤーで13fpsだったものが、16レイヤー30fpsまで可能になってます。すごい!
→起動と終了が爆速になりました。今まで30秒かかってたものが5秒程度。

H.264の映像、拡張子がMP4の映像に対応!
→今まで.movファイルしか読み込めず、さらにCodecはDXVというResolumeがサポートする動画しか再生できませんでした。この度ついにMP4/H.264Codecの映像が再生可能に!やったー!これでアニクラVJもResolumeでできるね!
・Gifアニメーションの再生に対応!
これでResolume使ってぽつねん氏がVJプレイできるように!

デッキの切り替えが超高速に!
→今まで一度切り替えるのに30秒かかっていたデッキ(素材のグループ)の切り替えがノータイムで終ります!
→これにともない「永続クリップ(PersistentClip)」の機能が追加しました。
これを指定したクリップはデッキを移動しても切り替わりません。

ソース、エフェクト、素材の検索機能が搭載!
→今までアルファベット順で目ソートしていたエフェクトを選ぶのが楽になります!
→エフェクト名をちゃんと覚えてる人はこれかなり便利ですね

ジェネレーター系の新しいソースが多数追加!
ついにテキストジェネレートができるようになりました!しかもPCに入ってるフォントなら2Byte文字含めなんでも使える!
→ソースとしてVideoRouterが追加!これは「3レイヤー目にセットすると、指定したレイヤーの映像を3レイヤー目として表示する」ような動作ができるます。
→本来エフェクトをかけてないレイヤーにエフェクトをかけるときとかに便利

・タブ、クリップ、コンポジションに対して色分けができるようになりました!
→トンネル系は赤、実写は青、みたいな色分けが可能になってます。

超カラー

・メディアマネージャー機能の搭載
→現在のコンポジションに読み込まれたファイルの状況を確認できます。

・コンテンツロック機能の搭載
→レイヤーに対して「現在のコンテンツでロックする」(Lock Content)選択肢が追加されました。

・グループ機能の搭載
→レイヤーをグループ化する機能が搭載しました。
これがすごいのは「Groupに対してもダッシュボードが搭載される」ということです。
どちらかというとプロジェクションマッピング向けの機能ですね。なのでArenaのみの機能です。

ちなみにこんな感じになります。

・アニメーションに対して線形補正が可能に!
→エフェクトの動作やその他いろいろなフェーダーに対して線形補正が可能になりました。

なぜかスケールとかにもつけれるぞ!

・レイアウトがかなり柔軟にできるように
→今までResolumeのレイアウトは決まったものでしたが、表示/非表示含めてかなり柔軟に、さらにプリセット作って保存までできます。

こんなレイアウトにも可能に・・・!

・MIDIコントローラーの設定が柔軟に
→細かく設定できるようになりました。これでやっとターンテーブルにも対応したかな?(まだ試してない)
→光るMIDIキーボードに対して色が設定可能に!
→よろこべAPC40Mk2の民!
→MIDIアサインのプリセットを保存可能に。さりげにうれしい

ってデフォルトプリセットにAPCとNanoKontrol2入ってるじゃないですかー!
わかってんなResolume…

と、まだまだ細かい機能はたくさんありそうですが、それは今後各機能ごとに記事にできたらなーと妄想しつつ今日はここまでとします。

CDJの波形をそのまま拾ってくるソフトBeat Link Triggersの検証結果

皆様こんにちは、SabaLeoN szkです。
先日夜叉さんからこんなソフトを教えてもらいました。

 

Beat LinkTriggersというソフトで、Java環境があればどこでも動くソフトになります。
要件はIP通信ができること(ネットワークに接続できる機器であること)です。

■仕組み
このソフトの仕組みですが、CDJのLink機能のパケットを拾って画面上に表示することができます。
といっても、ざっくりすぎなので少し詳しくCDJのLink機能について記載します。

【CDJのLink機能について】
CDJはPlayer同士で楽曲の共有やSyncを行うためにIP通信を行っています。
なので、CDJはIPアドレスを保有しているということになります。

・CDJのIPアドレス
上位にDHCPサーバ(家庭だとルーター)が存在する場合は問い合わせを行い、接続されたNWへ参加します。
DHCPサーバがない場合は、内部で決められたLocalIPを使用します。

・CDJLinkのコネクション
CDJはネットワークに接続されるとブロードキャストアドレス(NW全体)に向けてコネクションするためのパケットを送信します。
利便上このパケットを下記より「コネクションパケット」と呼称します。
このコネクションパケットにはBeat情報とBPMの情報が含まれていると考えられます。
(図1)

この場合だとNW「192.168.1.0/24」のネットワークに対してブロードキャストを送信しています。
このコネクションパケットに対して応答したIPアドレスをCDJと判断し、CDJはLinkを保持します

・CDJLink確立後の動き
コネクションを確立したIPアドレスに対してCDJはUDPのパケットをストリーミングします。(図2)


このパケットにはメタデータが含まれています。
メタデータの中身:楽曲情報、波形情報、現在の波形位置情報など

大体こんな感じ、パケットキャプチャ便利ですねぇ、IPベースの通信なのでやろうと思えば遠隔地のCDJともコネクションできそうです。
これらの情報を踏まえてBeatLinkTriggersの説明を行います。

■使い方
※キャプチャを取り忘れたので後で再掲します。。。

【必要要件】
Java Runtimeがはいってること。
Welcome ようこそ Javaりパーク、今日も3億のデバイスで大さわぎ

起動するとコネクションパケット待ちの画面が表示されます。
受信できない場合、エラーが表示されます。
この時CDJのコネクションパケットを受信するとトリガー画面が表示されます。
トリガー画面ではMIDIコントローラーを持っていればそれに対してBPM情報をMIDIクロックとして転送することができます。

トリガー画面が表示された後、デフォルトでは楽曲の情報と波形を拾うことができません。
Network->Metadateを有効にします。
警告が出るので同意します。

再度コネクションパケット待ちの画面になります。
この時CDJのコネクションパケットを受信するとBeatLinkTriggersはそれに対して返信するようになります。

楽曲が表示されるようになりました。
NetWork->Show player Statusを選ぶと波形を見ることができます。

■注意
Metadateを拾うときにBetLinkTriggersはパケットを返信するので、CDJから見たときにBeatLinkTriggersを「Player3」として認識します。
CDJのLinkInfoから選択はできないので大きな問題はありませんが、VJで使用する際はDJに予め説明しておいたほうがいいかもしれません。

■おわりに
使用感については上記のTwitter映像の通りで、手元でDJの選択した次の曲、今の波形、今の曲がすべて見えるようになります。
アニクラのVJさんにとっては非常に有益な効率化が可能なソフトなのではないでしょうか。
ただし、CDJを使うDJさんがいないとそもそも使えないので使える場所は限られるかと思います。

上の映像ですが、IPベースということは無線LANで飛ばせます。
今回は無線でやりましたがラグは特に気になりませんでした。
ただしUDPパケット+IEEE802.11なので、再送はありません。回線品質をある程度担保しないと接続事態できないと思うのでそこは今後さらに検証しないとですね。

ということで便利ツールの紹介と検証結果でした。

szk

ボカリアから1週間

SabaLeoN szkです。
8月12日に行われたVocaloidRearizeこと「ボカリア」いかがだったでしょうか。

次元外DJ初音ミクさんのレベルアップしたDJプレイはもちろんのこと、何より
人間さんチームの各DJの方々の選曲や場の上げ方、新潟から来ていただいたゲストDJ、EasyPopさんのパフォーマンスと
どのシーンを切り取っても「常にピークタイム」なイベントといっても過言ではなかったのではないでしょうか。
最終的な動員は100人を超え、Nagomixを人でいっぱいにできたイベントになったと思います。

また、そんな中でもDJ初音ミクさんプレイ時には女性の方や身長の低いお客さんを前へ優先していただいた方もいらしたようで
非常に思いやりのある、よいパーティとして幕を閉じることができたと思います。
裏側の苦労を語ればキリはありませんが、主催側としてもそれを差し引きおつりが来るレベルで楽しいパーティにできたと実感しています。
(リーダーEYO*をはじめSabaLeoNメンバー、運営チーム皆が”ボカリアロス”となっておりますw)

現状予定としては、告知タイムでEYO*の言った通りです。
次も何より楽しく、そして気持ちの良いパーティを提供できるように私も尽力していきたいところです。

V-1HDのフェーダーは消耗品だから定期的にメンテナンスしような!

V-1HDを修理に出してきました。
V-1HDのフェーダーは可変抵抗式のクロスフェーダーのため消耗品と考えたほうがよさそうです。
DJミキサーのクロスフェーダーも消耗品ですしね。
これらのクロスフェーダーはカーボンリボンを使った可変抵抗式といわれているみたいです。
安めかつ、小型のコントローラーのフェーダーは大体これみたいです。

フェーダーの可変部分の下部に炭素の帯(カーボンリボン)が複数本(AchとBch用で2本以上)敷いてあり、
それとフェーダーハンドルについている接点(金属片)が通電、位置を認知することで機能します。
なので、金属片の摩耗、カーボンリボンの摩耗、湿度による曲りなどで劣化が生じます。

説明はこちらのサイトが非常にわかりやすかったです!
http://djoyabun.web.fc2.com/howtocross.html

 

VJ御用達機器(MIDIコンも)は軒並みこれなので、壊れる前提で運用していきたいですね。

V4-EXのTバー型のフェーダーはどういう仕組みなんでしょうね?
やたら耐久度が高いのですが、知っている方がいたらご教授お願いします!

【豆知識:フェーダーの呼び方】
ちなみにDJやDTMer的にはクロスフェーダーという呼び方ですが、
音響さんやPAさんからはカフフェーダーと呼ばれます。
カフは咳という意味で、声優さんが話すときのノイズを調整する役割からそう呼ばれるみたいです。

計画的な緊急メンテナンスのお知らせ

szkです。
突然ですが、本日から日曜日にかけてszkHavenServerのメンテナンスを行います。
時間はszkの生きてる時間で断続的なので、直前にTwitterでお知らせします。
運用も糞もなくてすいませんはい。

■今回の緊急メンテナンスのきっかけ
電気代が高いから。

しかもそれをカーチャンに言われたから

 

szkHavenServerは茅ヶ崎の実家に設置しております。
理由はいろいろありますが、IP固定だからというのが一番大きいです。
先々月にszkHavenServerをオンプレ仮想環境に移設するために物理層からリプレースを行いました。

Intel i5 4570S(65W) ⇒ i7 3860X(135W)

そうだよね!!そりゃ電気代も増えるよね!!!
ちなみにXシリーズなのでグラフィックボードのおまけつき、電源容量は120W⇒700Wという親不孝マシンを設置したのでした。

■今回の問題の対策
szkもサラリーマンなので対策します。我々はかしこいので

というわけでボーナスも入ったので金で解決しようと思います。

i7 3860X(135W) ⇒ i7 7700T(35W)+グラボ取り外し
電源容量は700W⇒90Wに!!

これでよし!!!
MBもケースもメモリもCPUも全とっかえなので、もう電気代も糞もありませんが、カーチャンに言われたなら仕方ありません。
ちなみに予算は10万強、電気代は計算上6000円月浮く計算です。
大体1年半で電気代のコストを新設代が上回ります。
ちなみに3860Xは昔のszkのメインPCなのでコストは0です。
さらに今回もともと26万円したこのPCを親父に買ってもらおうと思います。
それでszkのボーナスの残高が決まります。こうご期待…!

 

すべてHyper-v環境の移し替えで終わるので、ダウンタイムはそんなに多くないはずです。
念のため新環境にWindowServerは新規インストールするので、インストール後に相互接続し
今動いている仮想szkServerを新しいマシンに移し替える、1時間程度で済むと思います。

さて、土曜日は作業はできず隔月おなじみ平塚でサガアニです。
今回は平塚七夕祭りに合わせた開催!!
みんな来てくださいね!

カテゴリー: IT

Resolumeの音声付動画の再生におけるチューニングについて

こんにちは、SabaLeoN szkです。

先日多くの方の参加と、様々なアーティストによって成功を収めたRe;animation10。
SabaLeoNはVJと合わせて、CM出しの担当。さらにはその音声のPA含めオペレーションを行わせて頂きました。
SabaLeoNにとってこの規模の野外レイヴは初の参戦だったため多くの経験が詰めたと思っています。

今回紹介するのはそんなCMなどの音声付動画をResolumeで再生するときの注意点です。

CMなど音声がついている動画をResolumeで再生するときは動画像だけでなく、音声も同時に読み込み再生する形になります。
Resolumeのデフォルト設定における音声のサンプリングレートが44100Hzというのは前の記事でご紹介したとおりですが、
それ以外に音声のバッファーの大きさを設定する項目が存在します。

設定項目はこちらになります。
メインメニュバー→編集→環境設定(GeneralPreferences)

音声バッファーはResolumeで音声付の動画像をスムーズに再生するための設定項目です。
2進数単位で8~4096の間で設定ができます。初期値は1024です。(確か

この音声バッファーですが
・数値が低いと秒当たりの読み込む音声キャッシュ量が減る⇒読み込み回数が増える
・数値が高いと秒あたりの読み込む音声キャッシュ量が増える⇒読み込み回数が減る
というロジックで動いています。
なので、”バッファが少ないと読み込み回数が増え、その速度が動画の再生速度を下回るとフレーム落ちする&動画が再生スピードが遅くなる”
となり、”バッファが多いと読み込み回数が減るが、バッファの規定量まで読み込む速度より動画の再生スピードが上回るとフレーム落ちする”
という結果になります。

つまり、動画の音声コーデックとその容量。Resolumeのバッファサイズのチューニングが必要になります。
丁寧にResolumeは「音声サンプリングレートは44100」「バッファサイズは1024」がおすすめ!
と言っているのでそれに習うのがいいでしょう。
仮に納品されたファイルがそれに見合わない場合は、DXVCodecへエンコード+音声のエンコードを同時に行うのがおすすめです。
仮に、直前にファイルを手に入れてエンコードする時間がない場合はResolumeで設定を変更することでファイルを再生できることを覚えておくといいと思います。

複数の音声付の動画を再生するときは漏れなくエンコードする。
それができれば一番いいですね。
■追記
Resolumeの音声周りのチューニング
~音声サンプリングレートとバッファサイズの関係性~
・【Resolume推奨設定】音声レートが44100Hzのとき⇒音声バッファサイズ512~1024を推奨
・【音声レート48000Hz版】音声レートが48000Hzのとき⇒音声のサイズは増える⇒キャッシュは多いほうがいい⇒音声バッファサイズ1024~2048で調整

~バッファサイズとPCスペックの関係性~
・メモリの搭載量が低い⇒バッファサイズ少な目にしたい(512)
・メモリの読み込み速度が遅い⇒バッファサイズは少な目にしたい(512)
・メモリの読み込み速度が速い⇒再生に支障が無い程度に少な目?(~512)
・メモリの搭載量が多い⇒再生に支障が無い程度に多め[読み込み速度に依存](1024~)

つまるところ、メモリが速くてでかいPCならサンプリングレート高めの高音質音声でも支障なく再生できるってことですな。