Loading...
ResolumeVJ

Resolume 6 基本操作メモ「クリップのリサイズ」

VJ Resolume基本操作メモ。今回はクリップのリサイズの方法について紹介します。




概要

Resolumeにおいて、コンポジションの解像度を下回る映像(特にAnimationGIFとか)を読み込んだ場合、その画像はモニターの中心に小さく表示されてしまいます。
こんな感じに

これらを手早く回収する方法として「リサイズ(Resize)」を使うという方法が挙げられます。

操作方法

Resizeを行う場合はクリップを右クリックし「Resize」からリサイズ方法を選択します。

FILL:

解像度をめいいっぱい使った形に画像をリサイズします。(短辺合わせ)
画像の長辺の一部が切れてしまう難点があります。

Fit:

画像がモニターの全体に移るようにリサイズします。(長辺合わせ)
画像の周囲に黒が映る難点があります。

stretch:

画像のアスペクト比を無視して解像度いっぱいにリサイズします。
画のアスペクト比が崩れる難点があります。

Original:

元の解像度にリサイズします。

 

非常によく使う機能ではありますが、5のときは目立たない機能だったので以外の知らない人が多いかもしれません。
小さい画像以外にも大きな画像の時も使える機能です。
Resolume6になってからはGIFも読めるようになったので活躍の機会が増えそうですね。