Loading...
IT自分メモ

systemdの.serviceファイルから、サービス実行ユーザーを変更する

自分用のメモとして。。。

[Service]セクション内部の

User=

及び

Group

に記載することで変更ができる。
systemdの.srviceファイルは以下に存在する。

/etc/systemd/system/ とか
/usr/lib/systemd/system とか

[Unit]
Description=<ServiceName>

[Service]
Type=simple
User=Username
Group=GroupName
# Load env vars from /etc/default/ and /etc/sysconfig/ if they exist.
# Prefixing the path with '-' makes it try to load, but if the file doesn't
# exist, it continues onward.
EnvironmentFile=-/etc/default/Service
EnvironmentFile=-/etc/sysconfig/Service
ExecStart=/usr/share/logstash/bin/Service "--path.settings" "/etc/Service"
Restart=always
WorkingDirectory=/
Nice=19
LimitNOFILE=16384

[Install]
WantedBy=multi-user.target

 

■Logstashの実行ユーザーについて

YumでLogstashをインストールした場合は実行ユーザーが「Logstash」となる。
ただしそれでは/var/log配下のログ書き込み、またSyslogを使用したInputがパーミッション都合でできなくなる。
手っ取り早い方法はrootで実行することなので、よければ試してみると良い。