Loading...
IT

CentOS8リリースとインストールまで

CentOS8がリリースされました。
今回はダウンロードからインストールまで実施してみました。

CentOS8のダウンロード

すでに公式ホームページにてリリースが行われています。
CentOS Project

Hyper-vでのVM構成

Hyper-vで構成する場合は、以下でインストール可能でした。

CPU=1CPU
Mem=2G以上が最低要件4GB以上が推奨
世代=第一世代

CentOS8インストール

メディアの起動

基本的にはCentOS7と同じなので7ユーザの方は戸惑うことは無いと思います。
DVDメディアを挿入して起動するとメディアが起動します。

Diskのチェックが不要な場合は一番上の項目を選びましょう。

インストール設定

インストール画面の様子は7とほとんど一緒。少しだけ並び順が変わりました。

まずは言語の設定を行うとインストール設定画面が表示されます。

ここでの変更は「ソフトウェアの選択」のデフォルトが「サーバGUI」になったことだけ。
最小限インストールがよい方は変更しましょう。

ソフトウェアの選択

インストールできるソフトウェアも最近の者になっておりPythonが3だったりPHPは7だったりします。

ネットワーク設定

ほとんど変わらず。事前に設定したい方はこのタイミングで設定しましょう。

設定を終えて次へを推すとインストールが画面に移行します。
この状況でrootのパスワードを変更しましょう。

インストールが終わるとメッセージが出るので「再起動」を押して再起動してください。

完了

完了後、いつもの通り起動してきます。

Vetsion8ですね。


こちらの記事もおすすめです

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="1" data-ad-format="autorelaxed"