Loading...
バイク関係

都道449号線攻略ツー都内ベイサイド

先週都内で降った雪、翌日は大晴れ。
洗車や整備しようと思ったけど「今週逃したら2週間乗れないな」(乗らないとは言ってない)が発動し見事日曜日はバイクにまたがってしまうのであった!

今回の行き先は特にないけど、しいて言うなら過去のツーリングで途中で引き返してしまった都道449号線を最後まで走りたい。
ついでに都内の「バイク天下一武道会」と名高いライコランド東雲店に行ってみようかな

ルート

今回のルートは都道449号線をひたすらに南下するルート。
ちなみに東京都北部に住んでいる人の東京湾岸への最短ルートはC2経由で新木場から湾岸線へ、新木場ICで適当に降りるルートになる。
今回は「都内でも気楽に走れる道が欲しい」というところからGoogleMapをしらみつぶしに調べた結果、この449号線が出てきたので走ってみようと思う。
ちなみに上でも記載しているが、実はこの道過去に1度走っている。
ただ夜だったこともあり道に迷って最終的には撤退しているのだ。
そのため今回はリベンジマッチというわけだ

ほんぺ

出発は12時、すごい晴天で気持ちがよく普段の冬最強装備からトレーナーを1枚抜いても寒くない気候。
11度にもいよいよ慣れてきたな!

というわけで早速449号線へ

都道449号線

この道東京都北区から荒川沿いをひたすらに南下し、江戸川区まで移動できるというルートなのだが何が良いかというと信号が限りなく少ない。
制限時速は平均して40㎞/h区間が多く、一部は30㎞/h区間。
一応江戸川区に入ったあたりで50km/h区間があるが極一部で、決してスピードを出して走る道ではない。
川沿いをゆっくりと風を浴びるのにぴったりなルートなのだ。
250㏄のバイクでは多少持て余す感があるものの、VT250 スパーダの「街乗りを楽しめる」がここでいかんなく発揮されVツインをトコトコ言わせながらのんびり走るというのは中々に「ととのった」感がある。
多分400㏄以上のフルカウルではこのみちは退屈だと思うので、こういうときにローギアドなネイキッドは万能感がすごい。

途中いくつか分岐を覚える必要があるが、いつか動画とかで紹介したいと思う。

荒川河川敷を臨むエリア

つい飛ばしたくなるが段差がついているので禁物。
時速制限は40km/hだ

そういえば今回からリアカメラをセッティングしてみた。
後ろの景色も中々新鮮でよい

直線の一方通行エリア

終盤エリア

終盤はトンネルも登場で高規格になる。

春だと桜が綺麗なエリアで終了。全長約30㎞。
1時間弱で走り抜けられる。

都内中心部へ

449号線が終わると江東区へと放り出される

と、新木場当たりでまさかのガス欠。

スパーダ君のOILランプが光る!

あわてず騒がずリザーブへ

なんてことが無いように普段からフェ―ルコックは「ON」に戻しておこうな!!

スパーダ君はリザーブにしたあと燃費運転なら30~40㎞。
回しても20㎞は走る。あとでガソスタいこーっと。
最悪JAFがあるんや!ワイは無敵や!

らいこらんど

ふえぇ・・・なんだか強そうなバイクがいっぱいだよぉ

関東のバイク天下一舞踏会と名高いRICOLAND TOKYOBAY。
新車旧車、大型から外車まで様々なバイクがそろい踏みしてる。

今って本当にバイク売れてないの?

ここではPLOTのリアカメラマウントを買いました。
あとでつけます(つけるとは言ってない

どんどん盆栽の材料ばっかそろっていく~

とりあえず給油!

お台場

折角湾岸まできたからぐるっと回って帰っていこう。

ということでお台場にも寄ってみた。

ほぇ~、今度のオリンピックって東京でやるんすねぇ

とりあえず帰る!

帰りにアキバによってMicroSDの128GBをあきばお~で買っておしまい!閉廷!


ランクアップに協力いただけると幸いです。
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

 

こちらの記事もおすすめです

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="1" data-ad-format="autorelaxed"