Loading...
VJ

CogeユーザーはMacOSを10.15にVersionUPするとCogeが動作対象外になるので注意

こんにちは、szkです。

本日はResolumeではなくMacOSのVJソフト「Coge」について。
本日MacOS10.15 Catalinaがリリースとなりました。

嬉々としてVersionUPしたいところですが、Cogeユーザーの方は注意です。

MacOS10.15は32bitソフトのサポート互換切が行われます。
そしてCogeは32bitソフト。。。

メーカー公式サイトにも以下の告知が記載されております。

Coge:the-future-of-coge

上記によると

・MacS10.15ではCogeはAppleから動作対象外のソフトとされます。VersionUpはしないことをお勧めします。
・Cogeの64bit対応版である2.0は制作中です。2020年初頭にリリース予定です。
・2018年以降にCogeを購入した方は無料で2.0にアップデートできます。

とのことです。
2020年初頭だとあと3か月、1クォーターはMacOSをVersionUPできないことになります。
尚2019年10月8日現在、VersionUPしたMacOSにてCoge v1.8.6の動作報告は上がっていません。

Cogeユーザーの方は今回のMacOSのバージョンアップは慎重になったほうがよさそうですね。

追記:SabaLeoNで検証してみた。

Yadexにお願いして最新版のMacOSで起動が可能か試してもらいました。

ダメ見たいですね(白目

Cogeユーザーの方はMacOSのVersion管理にはお気をつけくださいませ。

 


こちらの記事もおすすめです

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="1" data-ad-format="autorelaxed"