Loading...
ResolumeVJ

Resolume 6 基本操作「Quepoints」

SabaLeoN szkです。
Resolumeの基本機能紹介記事になります。
今回はDJの方にもおなじみ「Quepoints」の設定です。




概要

Quepointsを設定することで、一度設定した動画の地点にジャンプするショートカットを作成できます。
アニクラの方やライブでのメディアオペレーションを行う人にはありがたい機能ですね。

また、この機能はArena6.0.0~6.0.2では未実装で、6.0.3以降に実装されています。
「6になってCueがなくなっちゃった」という方はアップデートをしてみてください。


場所はTransportの下にあります。

 

使い方

Resolume5シリーズまでは初期状態からきーぼどのQWERTYが
QUEのショートカットとして登録されていましたが、6からはQWERTYは
レイヤー1のクリップに登録されているため、キーボードショートカットの設定が必要になります。

キーボードショートカットをこのように設定すれば今まで通り使えます。
(初期設定だとキーボードはアサインされていません。)
上の図では

「QWERTY」→設定したQUEへのジャンプ
「ASDFGH」→現在再生地点をQUEとしてセット

という状態になっています。
実際はジャンプボタンだけ設定しておけば、セットも行えます。
(セットされていないQUEの場合、ジャンプボタンでセットができる)

 

使用例

この地点でAを押してセットすると、Qを押したときに上のタイムラインまで飛ぶことができます。
一つのクリップに対して6か所まで設定できます。

また、一度コンポジションからRemoveしたクリップからはQUEの設定が消えてしまうので注意してください。