Loading...
IT自分メモ

CentOSで認証が必要なProxyを超えてインターネットに出たいとき時の自分用メモ

自分用のメモです。

yum

以下のファイルに設定を追加。

/etc/yum.conf

# Proxy Setting
proxy=http://proxysrvurl.:8080
proxy_username=username
proxy_password=password

共有環境でパスワードを平文保存したくない場合は次のような記載をすることで関数を利用可能。

# Proxy Setting
proxy=http://your.proxy.server:8080
proxy_username=${username}
proxy_password=${password}

yumの実行前にreadコマンドで変数を標準入力して上げればhistoryに残ることも無い。

wget

以下のファイルに追加。

~/.wgetrc

# Proxy Setting
http_proxy=http://proxysrv.url:8080
proxy_user=username
proxy_password=password

こちらもどうように関数で秘匿が可能。

curl

curl始めhttp通信のほとんどは環境変数への設定で通信が可能。

export HTTP_PROXY=http://<username>:<Password>@proxysrv.url:<Port>
export HTTPS_PROXY=http://<username>:<Password>@proxysrv.url:<Port>

確認は次の方法で可能。

printenv

割と頭が悪く、LAN内でもProxyを通ろうとするが、「このアドレスはProxy経由したくない!(必要ない)」という対象アドレスに関しては次の環境変数で設定ができる。

export no_proxy=<add1>,<add2>

ちなみにcurlに限っては次のオプションを使用することでProxyを回避できる。
LAN向けの通信で、毎回アドレスが変わらないスクリプトなどに仕込む時はこちらのほうが便利かも。

curl --noproxy <アクセス先のIP> http://access.url

pip

実行時に次のオプションでいけます。

pip install pycrypto --proxy=username:password@proxy.hoge.jp:port

コマンド履歴に残したくない場合はどうすればいいんだろ。

とりあえずここまで

こちらの記事もおすすめです

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="1" data-ad-format="autorelaxed"